労災申請から損害賠償請求まで、労災問題に強い弁護士が代行致します。

労災弁護士コラム

派遣社員と労働災害

投稿日:

派遣社員と労働災害

 

1 はじめに

派遣労働者の場合は、派遣元企業(通常は派遣会社です。)と派遣先先業が、労働関係に関わりを持つことになります。

派遣労働者としては、普段仕事をしている派遣先企業に労災申請を依頼した方がいいのか、派遣元企業に依頼した方がいいのか悩まれる場合があります。

2 労災申請は派遣元企業に行います。

労働者派遣法では、派遣労働者が労災事故にあった場合、補償の責任は、派遣元企業にあるとされています。

したがって、派遣元企業の労災保険が適用されることになりますので、派遣元企業に労災申請の依頼をしましょう。

3 損害賠償請求先

発生した労災事故について、会社側に責任がある場合は、慰謝料等の請求を会社に行うことになります。

そして、派遣先企業と派遣元企業のどちらに請求するかは、労災事故の発生状況により判断することになります。つまり、どちらの会社が、労災事故を防止することができたかという視点で、請求先を決定することになります。

例えば、派遣先企業で働いている際に、積荷が落下し怪我をしたという場合であれば、積荷が落下することを防止できるのは通常派遣先企業となることから、派遣先企業に対して、損害賠償請求を行うことになります。

 

-労災弁護士コラム

Copyright© 大阪労働災害相談サイト , 2020 AllRights Reserved.